スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「プレイングミス」を直す

最近いろいろなコラムネタを思い付くので、少しずつ書いていこうかなって思ってます。

今回は誰もが永遠に抱える課題だろう、「プレイングミス」について。




※勝負以前の構築段階の話は考慮していません。

■プレイングミスの定義

勝負をして、目的を「その勝負に勝つ」とします。
その場合、
・その勝負において、最も勝率の高いプレイングをしなかった
これがプレイングミスです。
単純明快、疑う余地も無い筈です。


■「プレイングミスで負けた」は言い訳?

自分は言い訳じゃないと思ってます。だって事実ですから。
これが言い訳がましく聞こえるのは、そのミスを次の勝負から改善しようとする人が余りにも少ないからです。
つまり、「プレイングミスで負けた」なら、まず「どこがどういう理由でプレイングミスなのか」と「ならどういうプレイングをすればよかったのか」を把握して、実践していかなければいけません。
これをしない人の「プレイングミスで負けた」には何の意味もありません。言い訳と同じです。


■逆に「運で負けた」は?

まず「運で負けた」と思うなら、自分の行ったプレイングを見直して、他のプレイングを考えてみること。
もし少しでも勝率の高いプレイングを見付けたのなら、それは「プレイングミス」。一切ないと分かったのなら、確かに運が悪かったので割りきってしまうべき。


■勝った勝負にも「プレイングミス」はある

これが一番分かりにくく、そして厄介なこと。
プレイングミスとは、前述の通り「最も勝率の高いプレイングをしなかったこと」です。その勝負に勝てたとしても、もっといいプレイングがあった可能性は十分にあります。もしそれが見つかったなら、その勝負で「プレイングミスをした」事になります。
つまり、もし勝負に勝っても自分のプレイングを見直すべきです。そこに思わぬプレイングミスが眠っているかもしれません。


■具体的に「プレイングミス」を直すためには

人によって意見はまちまちだと思いますが、まず一言。
高速スパーリングはプレイングミス解消の手段としては向いてません。あれはデッキの回りを確認するための方法だと自分は思ってます。

「プレイングミス」を直す手順は既に大方書いてしまったので、効率的な方法でも。
ブラフテクニック等を磨くのでなければ、リアルよりもログの残るCGIで対戦する事をお薦めします。対戦後はすぐ次の勝負を始めず、ログを1から見直しましょう。ログが分かりにくいのなら自分の場だけでもリアルカードで再現するのがいいです。


■あとがき

かなり偉そうに書いてますが、ぶっちゃけ自分も出来てない部分がまだまだあります。
だからこの記事は、自分がプレイングミスの解消用のフリーをする際の手順を文字化して実行しやすいようにしたものでもあるんです。

全国を狙う者の身としては、流石に相手だけが得するような記事を書く余裕は無いのですよ( ̄∀ ̄)
スポンサーサイト

コメントの投稿

  • URL:
  • コメント:
  • パスワード:
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL

トラックバックURL:http://qandb507.blog27.fc2.com/tb.php/152-fbfaf2a8

プロフィール

Q&B

Author:Q&B
Q&B(キューアンドビー)と言います。よくQBと呼ばれます。

プレイしているカードゲーム
・Hearthstone
・シャドウバース
・Magic: the Gathering
昔はデュエル・マスターズのプレイヤーでした。

TwitterID: qandb507

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カードゲーム (15)
Hearthstone (1)
Shadowverse (141)
デュエルマスターズ (132)
カオスオンライン (2)
カードゲームその他 (5)
TCGコラム (2)
アニメ (5)
ゲーム (1)
日常 (60)
ブログ運営 (14)
その他 (11)

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

Twitter

qandb507 < > Reload

QRコード

QR

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

OVERDRIVE 5th Project -DEARDROPS- 『秋空に舞うコンフェティの公式ホームページ』応援中です!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。