スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【東京遠征レポート】はじめに2 ~PMのデッキ~

本編に入る前に書いておかなければいけないのがこれです。
多くのDMプレイヤーにとってはなんじゃこれ状態でしょうが、これを書かないと入れないから仕方ない!


てなわけで、PM歴1ヶ月程度の小僧が精一杯頭をひねって考えた処女作になります。
ご覧あれー



【さわ子デッキデス】

〔キャラクター〕27枚

コスト2
4x《山中 さわ子(01-037)》
4x《中野 梓(02-055)》
3x《田井中 律(02-057)》
3x《琴吹 紬(01-065)》
2x《中野 梓(01-075)》
1x《平沢 唯(01-053)》

コスト3
4x《平沢 唯(02-015)》
2x《秋山 澪(02-037)》

コスト4
2x《田井中 律(01-056)》
2x《琴吹 紬(01-080)》

〔イベント〕33枚

4x《露天風呂》
4x《さわちゃんの打算》
4x《ランチタイム》
4x《下校中》
4x《寝言》
4x《お見舞い》
3x《ワイルドに!》
2x《ほえぼえ~》
4x《お説教》


わかる人なら見ただけでわかるはず!なデッキデス。
見ての通り、SR12枚、R14枚という超高額デッキで、構築費用を全く考慮しなかったので出費がヤバい事になりました。

初めて組んだデッキがデッキデスってのはいかがなものかというツッコミが返って来そうですが、自分なりに現環境ではこれが一番万能に戦えると判断した結果です。

あ、でも殴りのプレイングを覚えるのがめんどくさかったというのは内緒で(


続きから解説します。
●投入したカードの解説

《山中 さわ子(01-037)》
このデッキの核。2コスト40/40のデメリット持ち。適当に使ってもファッティと相討ちをとれるのは勿論、《打算》によりどんなキャラクターをもなぎ倒すスーパーマン。あ、女だった。
デメリットは時に非常に痛いため、何も考えずに出さないこと。

《中野 梓(02-055)》
中学生。言わずと知れた2コスト条件付き50/50の超オーバースペッカー。このデッキのイベント枚数は半分以上なため、安定した運用が可能。《ランチタイム》と相性が悪いのには注意。

《田井中 律(02-057)》
デフォルメ律。前のお二方には全体的にやや劣るものの、後半で安定した力を発揮。《ランチタイム》使用後は《中野 梓(02-055)》よりも優先するときが多い。

《琴吹 紬(01-065)》
アルバイト紬。ポイントに落ちた主要カードを回収。役割が終わったらチャンプにどうぞ。

《中野 梓(01-075)》
ポイント入れ替え梓。大体の役割は《琴吹 紬(01-065)》と同じなので省略。

《平沢 唯(01-053)》
パン唯。普通に出すことはまずなく、《お見舞い》で回収してのブラフ要員として力を発揮。実際は《田井中 律(01-056)》《お説教》のコストに消えていく。

《平沢 唯(02-015)》
ローカルには冬唯。一般的にはイベント唯。ご存知現環境トップメタ。イベント枚数の多さ、天然対策の2点から、やはり採用しない手はない程のスペック。

《秋山 澪(02-037)》
冬澪。または制服澪。《平沢 唯(02-015)》には劣るが、優秀なブロッカーなのは間違いない。

《田井中 律(01-056)》
太鼓律。DMプレイヤーの間ではニシハラさんのところで少し紹介された「シノビ律」。色々強力だが《平沢 唯(01-011)》(ボルメテ唯)に有効なのが最もいいところ。

《琴吹 紬(01-080)》
回復紬。耐久ゲーではこれ以上優秀なキャラクターはいないと言っても過言じゃない。チャンプして《お見舞い》で使い回すのもまた一興。

《露天風呂》
メインドロソ&デッキデス要員。「どうせ後で引かれる」という考えでアド差は考えなくてよし。基本的には自分のターンに《中野 梓(02-055)》が外れた後で打つのが効果的。8枚積みたい。

《さわちゃんの打算》
デッキデス要員。パンプしてきたやつをこれで軽々と反撃してドヤ顔してやりましょう。

《ランチタイム》
普通に使うことは少なく、ドローしない相手や《ランチタイム》メタ(笑) 【デッキデス】ミラーでは非常に重要。

《下校中》
説明不要の優秀パンプイベント。耐久デッキであるこれには8枚積みたいぐらい。

《寝言》
アンタップイベント。80/80になった《山中 さわ子(01-037)》に使うとか胸熱。

《お見舞い》
優秀サルベージ。これも4枚じゃ足りないです。

《ワイルドに!》
主に《部費で落ちませんか?》メタ。《平沢 唯(02-015)》がパンプされるのも優秀。

《ほえぼえ~》
これも《部費で落ちませんか?》メタ。トップメタ系のデッキにはまず刺さるイベントとはいえ、対象が限られるので慎重に。

《お説教》
このデッキ唯一のひだまりスケッチのカード。基本的に《部費で落ちませんか?》及び《駄々っ子》メタ。パンプされた《平沢 唯(01-011)》にも。《中野 梓(02-055)》でめくれた時の優越感がいい感じ。


●このデッキの弱点

・《部費で落ちませんか?》《田井中 律(02-013)》
最高のメタカード。こちらの《下校中》《寝言》《さわちゃんの打算》が潰され、防御力が大幅にダウンする。
余りにもキツ過ぎるので、対策カードを10枚近く積むことによって結構克服した。
それでも刺さることには変わりないが。

・《開かずの203号室》
《下校中》1回分を無効化するカード。コンバットトリックとして「読めても対処しづらいカード」であるため非常に厄介。《平沢 唯(02-015)》に使うのだけは本当にやめて欲しい。

・《桑原先生(01-042)》
メイン/相手で同種のカードがない以上、このカードは出されるだけで辛い。DP40は常にリソースを切らなければ対処出来ないことになってしまう。

・天然(2)
《山中 さわ子(01-037)》《中野 梓(02-055)》が腐ってしまう鬱陶しい能力。
大抵は《平沢 唯(02-015)》《田井中 律(01-056)》で1:1交換で対処できるのだが、《なずな(01-012)》だけは出た瞬間台パンしたくなるレベルの天敵。採用率の低さからこいつの対策は放棄した。


●採用しなかったカード

《不法侵入》
本当ならデッキデスといえばこれ!なんだろうけど、ソース1、コスト2、《部費で落ちませんか?》で腐る、そうでなくても相手がアプローチしなければ使えない、etc... ということで入れても10試合中1試合の割合でしか使われなかったので全抜き。

《抽選券》
これは上手い人が使えばちゃんと使えるんだろうけど、やっぱり使いにくさが目立ったので全抜き。もっと正確に言うと、これのプレイングが期日までに身につかなかった。

《山中 さわ子(02-026)》
普通に運用してもチャンプ要員にしかならないため有効活用しにくかった。能力的には下位互換とはいえ、《お説教》のコストになる《平沢 唯(01-053)》を優先。



実際は、ガンスリンガー大会はそこまでガチプレイヤーの集まる大会ではなく、このメタ読みは外れることとなった。ちゃんといっぱい居たらしい冬唯依存系に一回ぐらい当たりたかった。

それでは、次から本編に入ります。お楽しみに~
スポンサーサイト

コメントの投稿

  • URL:
  • コメント:
  • パスワード:
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL

トラックバックURL:http://qandb507.blog27.fc2.com/tb.php/175-164dcc6e

プロフィール

Q&B

Author:Q&B
Q&B(キューアンドビー)と言います。よくQBと呼ばれます。

プレイしているカードゲーム
・Hearthstone
・シャドウバース
・Magic: the Gathering
昔はデュエル・マスターズのプレイヤーでした。

TwitterID: qandb507

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カードゲーム (15)
Hearthstone (1)
Shadowverse (141)
デュエルマスターズ (132)
カオスオンライン (2)
カードゲームその他 (5)
TCGコラム (2)
アニメ (5)
ゲーム (1)
日常 (60)
ブログ運営 (14)
その他 (11)

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

Twitter

qandb507 < > Reload

QRコード

QR

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

OVERDRIVE 5th Project -DEARDROPS- 『秋空に舞うコンフェティの公式ホームページ』応援中です!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。