スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新殿堂雑感

遅ればせながら。
一応見やすいように貼っときます。

■2011年7月23日(土)よりプレミアム殿堂超次元コンビ殿堂入りとして新規追加されるカード
「時空の支配者ディアボロス Z/最凶の覚醒者デビル・ディアボロス Z」&「超次元バイス・ホール」

■2011年7月23日(土)殿堂入りとして新規追加されるカード
「超次元ドラヴィタ・ホール」
「天雷の導士アヴァラルド公」
「斬隠オロチ」
「再誕の社」
「王機聖者ミル・アーマ」
「ダンディ・ナスオ」

全体的に好印象。
というか非の打ちどころが無いような気もします。

感想は続きから。
ちなみに敬語抜きます。

○プレミアム殿堂超次元コンビ
・《時空の支配者ディアボロスZ》+《超次元バイス・ホール》
コンビ殿堂は子供向けTCGとしては苦渋の判断だったと思うんだけど、我々からするととても嬉しい形での規制。
元々《バイスホール》がおかしかった原因の8割がDDZに集約されるから、こうすると《バイスホール》もDDZもいいカードなんじゃないかな。

もちろん6コストにして10帯の闇サイキックを出せる性能は変わってないので、俺が復帰するまでにまた強いの出しちゃって今度こそ殿堂入りする読みで( ^ω^)


○殿堂入り
・《超次元ドラヴィタ・ホール》
間違いなく最もDMをインフレさせた要因の1つだから、特に言うことは無し。
出す大型次元も《バイスホール》ほど偏っちゃいないしね。

・《天雷の道士アヴァラルド公》
超次元システムの弊害者その1。
デッキ構築を束縛する代わりにサイブレクラスのスペックを発揮するから、まあ当然。

・《斬隠オロチ》
超次元システムの弊害者その2。
不滅オロチだけでなくホーガンでも最重要クラスのパーツだったから、これも当然。

・《再誕の社》
始めは「ん?」と思ったけど、新能力のスペース・チャージを考慮しての規制か、なる程。
それでなくとも従来の2ブーストカードと比べて頭3つ分ぐらい抜けた性能だったし、環境が高速化した一因を担ってたのは否定出来ないし、いいんじゃないかな。

・《王機聖者ミル・アーマ》
登場当初から「プレイヤーに攻撃できない」の一文を入れ忘れた疑惑で人気だったカード。
意外だったけど、納得の一枚。
ブーストとブロッカーを兼ねるから、ビートダウンにとっては《斬隠オロチ》の次ぐらいに鬱陶しい存在だったと思うしね。

・《タンディ・ナスオ》
祝☆黒緑規制と言うべきか?
掛けるならこれかなってのはみんな同意見だと思うから、少なくとも文句はない。
ドラピグールを組んでた皆様はお疲れ様でした( ^ω^)人


○新環境
ドロマーの白が全滅して大幅な構築の変更を余儀なくされそうとか、不滅オロチがコンセプトごと崩壊したとか、黒緑・ホーガンが弱体化してそれらに抑えられてた他のデッキが上がってきそうとか、被害無しのマッド・青黒が強そうとかがよく言われてることらしいですね。

僕はマーシャル推しておきます。

スポンサーサイト

コメントの投稿

  • URL:
  • コメント:
  • パスワード:
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL

トラックバックURL:http://qandb507.blog27.fc2.com/tb.php/238-c2fb18c7

プロフィール

Q&B

Author:Q&B
Q&B(キューアンドビー)と言います。よくQBと呼ばれます。

プレイしているカードゲーム
・Hearthstone
・シャドウバース
・Magic: the Gathering
昔はデュエル・マスターズのプレイヤーでした。

TwitterID: qandb507

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カードゲーム (15)
Hearthstone (1)
Shadowverse (141)
デュエルマスターズ (132)
カオスオンライン (2)
カードゲームその他 (5)
TCGコラム (2)
アニメ (5)
ゲーム (1)
日常 (60)
ブログ運営 (14)
その他 (11)

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

Twitter

qandb507 < > Reload

QRコード

QR

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

OVERDRIVE 5th Project -DEARDROPS- 『秋空に舞うコンフェティの公式ホームページ』応援中です!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。