スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

束縛

初動は10ないとほぼ確実に大型大会に持ち込めるレベルにはならないと感じる今日この頃です。

何を初動とするかは人それぞれですが、「開始Xターン内にこのうちのどれかを使えないと勝率がガクンと下がってしまうカード」ぐらいに捉えておけばいいんじゃないでしょうか。

そして初動が8にしかならないデッキになったので練り込みを中断。
ただ、初動8でも十分と感じる方には個人的にお薦めのデッキです。ガチとしてもカジュアルとしても楽しめると思います。

【スロット軸超次元/白青黒緑】

[メイン]
4x《霞み妖精ジャスミン》
4x《フェアリー・ライフ》
3x《ハッスル・キャッスル》
3x《超次元フェアリー・ホール》
1x《叫鬼 ジャミング・ビート》

2x《ローズ・キャッスル》
2x《解体人形ジェニー》
3x《超次元リバイヴ・ホール》
1x《威牙の幻ハンゾウ》

1x《スパイラル・ゲート》
4x《フォーチュン・スロット》
1x《ノーブル・エンフォーサー》
3x《アクア・サーファー》
1x《蒼狼の始祖アマテラス》

1x《光牙忍ハヤブサマル》
2x《光牙王機ゼロカゲ》

4x《超次元ガード・ホール》

[サイキック]
1x《超時空ストームG・XX》
1x《時空の支配者ディアボロスZ》
1x《時空の賢者ランブル》
1x《時空の凶兵ブラック・ガンヴィート》
1x《タイタンの大地ジオ・ザ・マン》
1x《時空の踊り子マティーニ》
1x《時空の英雄アンタッチャブル》
1x《時空の喧嘩屋キル》

[白7:青10:黒12:緑15 虹:4]
[ク14:呪19:ギ2:城5]

(携帯から書いた時用のいいデッキレシピの書き方模索中です…誰かいい案下さいm(_ _)m)


驚くほどスペースないですよね。これをしばらく考えてた頃は如何にしてスペースを圧縮するかに明け暮れる日々でした(少々大袈裟)。
まあそうやって挫折したデッキです。多めに見てやって下さいw


○概要
・ネクラの《ハッスル・キャッスル》は貼れないとキツい!のに引けない!
・ネクラの《ハッスル・キャッスル》を貼れてもその効果を使う手札がない!
・序盤から《ストームG》を乗っける手段も欲しい!でも《シャイニー・ホール》はハンド消費が厳しい!

…というありがち(?)なネクラの弱点を解消しようと模索した時に《フォーチュン・スロット》を思いつき、作成に至った次第です。
レシピの色配分の下に種類配分を載せているのはこのカードの存在故。


○レシピについて
[メインボード]
《フォーチュン・スロット》の効果を最大限に活かすよう細心の注意を払いつつ、可能な限り多くのデッキに対抗できるカードを模索。
まず城は《ハッスル・キャッスル》《ローズ・キャッスル》の2種で確定。ここは疑いの余地なしでしょう。

クリーチャーは《霞み妖精ジャスミン》《アクア・サーファー》《光牙忍ハヤブサマル》《光牙王機ゼロカゲ》までは確定。
比率から呪文は意地でも20以内に抑えたいため、クリーチャーは《ヴォルグ・サンダー》の影響も考え14が最低ライン。

ギアを積むか否かは賛否両論あるでしょうが、自分は《ノーブル・エンフォーサー》を初めとするギアは是非積みたかった。この時点で《蒼狼の始祖アマテラス》も確定。
《叫鬼 ジャミング・ビート》はお試しだったんですが、《イオの伝導師ガガ・パックン》と《ペトリアル・フレーム》の両方の働きをしてくれたり。《時空の支配者ディアボロスZ》《超時空ストームG・XX》へのサポートとしてはかなり評価に値します。
《威牙忍ヤミノザンジ》は《ノーブル》の投入により抜きました。

さて、問題は呪文です。
《フェアリー・ライフ》《フォーチュン・スロット》、次元呪文と《アマテラス》で是非除去呪文を打ちたかったためその確保、と考えると必ず膨れ上がります。
ちなみに2コスブースト→《ローズ・キャッスル》で先攻《停滞の影タイム・トリッパー》に対抗出来るのと《スロット》に繋がるため、多少ヒット率が上がっても《青銅の鎧》は採用したくないです。

…とまぁ、こんな感じに悩みながら今の40枚が出来上がりました。《ハッスル・キャッスル》は結局4要らないという結論になったのも何だか微妙な気分です。


○《フォーチュン・スロット》
根幹なので少し解説を。
基本的にこのデッキにおける役割は、
・ドローソース
・《ランブル》用のボトム固定
・トリガーからのシノビの呼び込み

《シークレット・クロックタワー》と比べ、(かなり運が悪くない限り)手札が増える、目的のカードを呼び込めなかった場合でも山札を4枚掘るためトップで引きやすくなる等といったメリットがあります。《クロックタワー》は目的のカードが引けなかった場合、実質2枚しか掘れませんからね。

ちなみにこの比率なら、「かなり運が悪い」確率は5%程度です。1ヒット率は《コアクアンのおつかい》のようなカードより格段に低い。3ヒット率はさほど高くないんですけどね。

[サイキック]
《超時空ストームG・XX》にアクセスするパターンの増量を意識。
まず《ストームG》《DDZ》《ガンヴィート》《ランブル》《アンタッチャブル》《キル》を確定。
《マティーニ》は《アンタッチャブル》と一緒に出し、《DDZ》からの《ストームG》を意識、またビートに対し《フェアリー・ホール》《リバイヴ・ホール》から出し、《ゼロカゲ》《DDZ》による覚醒で優秀な防御要因になることを評価。ちなみにリバイヴ《ガンヴィート》→フェアリー《アンタ》《マティーニ》→相手の攻撃に合わせて《ゼロカゲ》でターン終了時に《ストームG》が乗り、カウンターで勝つことも一応可能です。
《タイタンの大地ジオ・ザ・マン》は特に説明する必要もないでしょう。
ここでメインボードの次元呪文3種を決定しました。

この2枚は自由枠だと思います。コントロール相手には山札が高速で減っていくため、《ヴォルグ・サンダー》メタとしても《ロマノフZ》が欲しくなった試合が幾らか。
《ヴォルグ・サンダー》を採用するのもアリだと思います。
《ミカド・ホール》を採用するなら《ディアスZ》も。これが必要になった場面は現時点では少ないですが、《ミカド》は欲しい場面が結構ありました。



とりあえずここまで。
今回はデッキ全体の構築の流れを書きたかったため、普段と違う書き方をしてみました。
誰かがこれを参考に、より完成されたレシピを作り上げてくれたら幸いです。

《フォーチュン・スロット》自体には高いポテンシャルを感じるので、僕はこれからアナカラーに逃げます。
スポンサーサイト
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/10/03(月) 18:46:51 | | #[編集]
>匿名の方
はじめましてー。

そういった報告は別に必要ないんですが、使っていただけるというのは結構嬉しいですw

期待されているという事で、アナカラーを練り込むモチベーションが上がりました(笑)
頑張ってみます。
2011/10/03(月) 20:06:09 | URL | Q&B #-[編集]

コメントの投稿

  • URL:
  • コメント:
  • パスワード:
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL

トラックバックURL:http://qandb507.blog27.fc2.com/tb.php/245-3e6c500d
初動は10ないとほぼ確実に大型大会に持ち込めるレベルにはならないと感じる今日この頃です。何を初動とするかは人それぞれですが、「開始Xターン内にこのうちのどれかを使えないと勝...
2012/05/02(水) 17:47:39 | まとめwoネタ速neo
初動は10ないとほぼ確実に大型大会に持ち込めるレベルにはならないと感じる今日この頃です。何を初動とするかは人それぞれですが、「開始Xターン内にこのうちのどれかを使えないと勝...
2012/05/02(水) 17:47:40 | まとめwoネタ速neo

プロフィール

Q&B

Author:Q&B
Q&B(キューアンドビー)と言います。よくQBと呼ばれます。

プレイしているカードゲーム
・Hearthstone
・シャドウバース
・Magic: the Gathering
昔はデュエル・マスターズのプレイヤーでした。

TwitterID: qandb507

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カードゲーム (15)
Hearthstone (1)
Shadowverse (141)
デュエルマスターズ (132)
カオスオンライン (2)
カードゲームその他 (5)
TCGコラム (2)
アニメ (5)
ゲーム (1)
日常 (60)
ブログ運営 (14)
その他 (11)

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

Twitter

qandb507 < > Reload

QRコード

QR

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

OVERDRIVE 5th Project -DEARDROPS- 『秋空に舞うコンフェティの公式ホームページ』応援中です!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。